Wonder Stella

思ったこと、感じたことを。

義務感でやってるなら、それ多分趣味じゃないんじゃない?

 

ふとネットでこのツイートを見たとき、そうだよなと心の中で強く同意しました。

 

趣味を仕事にしていくと決めた人なら、多少なりともその分野を極めていくことも必要になるだろうけど、それらを切り分けている人ならそんな無理強いすることも、人から強要されてもその通り動く必要もないと思います。

 

元々、自分の心を満たすため、ストレスを発散するための趣味のはずなのに、「楽しいから」とかそういうポジティブな理由を抜きにやっていたら、多分楽しくなんかないですから。

 

また、「それ趣味にしてるのに○○を知らない、できないの?」とか「それができるからどんな意味があるの?」だとか、何かにつけていちゃもん付けてくる人がたまにいますよね。そんな人は心の中で軽蔑して「うるせぇ!できる範囲のこれが好きで、これをやってると幸せで高まるんじゃ!!お前になにがわかるんじゃ!!!」という荒ぶる気持ちをなんとか押さえつけ大人の対応をしてますけど。

 

ネットでも現実でも、好きな分野における貶し合い、傷の舐め合い、マウントの取り合い...色々あって疲れる。そんなことで神経すり減らして楽しいことが少なくなるのは本末転倒。マジ卍。なしよりのなしってやつです。

 

オタク趣味でも、そのコンテンツのすべてを追えなくてもいいし、好きな部分があればそうでもない部分もあるはずなので、そのすべてを愛さなくてもいいし、自分の心体とお財布が余裕のあるうちで楽しめられればいいと思います。あと、最低限のマナーとネチケットを持って、ですね。