ユーズザセンス

思ったこと、感じたことを。

【ライブレポ】ネタバレ無し BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER 埼玉公演初日

 

nt0424.hatenablog.com

 

およそ5カ月前、同ツアーの一番初めの公演として幕張に訪れた。初めて見る、生の4人の姿に感動し、あの頃から変わらない音楽と変化し続けたどり着いた今の音楽のその一端を垣間見ることが出来て本当に幸せだった。

 

過去の記事の通り、そのパフォーマンスをじっくり見ることよりも"BUMPのライブに来れた"という気持ちが先行し過ぎて、そのすべてを咀嚼しきれなかった。言い回しが適切ではないかもしれないけど、今回のSSA公演はその時のリベンジ。音楽と、そのステージを存分に受け止めたいと思い、当日臨んだ。

 

当日は開演1時間前くらいに新都心に到着。物販に並んだりして時間を潰し、30分前ンには会場に入り座席に待機した。ほぼ定刻通りにスタートし、一曲目がスタート。幕張公演と同じく、とある演出が組み込まれているが、初めて見たときと変わらず感動させられた。日頃聴き込んでいて、日常に溶け込んだその曲が非日常へ引き込んでくれた。

 

時間にして3時間弱。何物にも代えがたく、貴重で楽しくて最高に幸せな時間だった。以下セットリストを参考におさらいしたいと思う。(リンク先ネタバレ注意)

 

www.livefans.jp

 

 

とりあえず、頭の3曲が強すぎる。これだけでチケット代の元は取れるって1千回は思いましたね。

 

ツアーであるため基本的なセットリストの大筋は一部を除いて変わらず...と思ったらアンコールはまさかの全取っ替え。しかもラストに演奏したのはまさかの数作前のアルバム曲。MCでも話に挙がったことだけど、"21周年最後の日"だからこそ、特別感を感じさせる曲とセットリストだった。

 

あと、MCの安心感がすごい。ファミレスで近くの席の兄ちゃん達の駄弁りを聴くぐらい自然体で(褒めてます)、喋ればファンがちゃんと返す、その関係性も良かったです。

 

途中、SSAでやるのが10年前の「ホームシップ衛星」以来で、あの頃は僕たち28歳で...」と聞き思わず「えぇっ!!?」となってしまった。そっか、確かにそれくらい経つもんね。でもCHAMA、あなた二十歳そこいらにしか見えないよ。どんなアンチエイジングしてんの。そもそも皆若く見えるのが不思議。05年前後から時計止まってるんじゃないかな?

 

 

とにかく、最後までその姿をじっくり目に焼き付けることができました。またいつかライブで会える日が来ることを楽しみにしたいと思います。

 

f:id:nt0424:20180210214524j:image