Wonder Stella

思ったこと、感じたことを。

5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! SSA公演上映会LVに行ってきた話

11月25日、新宿バルト9で行われた「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! SSA公演国内上映会」のLVに行ってきました。

 

nt0424.hatenablog.com

 

過去記事の通り、8月に行われた千秋楽はLVで観たのですが、やっぱりちょっとその時テンションがおかしかったので、もう一度冷静に観たいということもあって行ってきました。

 

思えば、セットリストについて全く触れていなかったので、印象に残った楽曲を書いていきたいと思います。

 

imas-db.jp

 

「アップルパイ・プリンセス」

今まで度重なる諸事情により、公での披露がありませんでしたが、やっとその姿を見ることができました。CDやデレステの音源は愛梨ちゃんのキャラクターに寄せていたのもあるでしょうが、そこは原田さん。ライブでの生歌はやはり上手で見応えがありました。

 

Kawaii make MY day!」

またの名をKawaiiの暴力。メンバーも歌詞も曲調も全部Kawaii。Cメロにあった「別にモテたいわけじゃないんです。ただ自分に自信を持ちたいんです(意訳)」ていう歌詞が好きで、あくまで女の子の背中を押す歌なんだなと思いました。Kawaii

 

「桜の頃」

「薄紅」や「祈りの花」然り、アイマスと和の掛け合わせには無限の可能性があって、この曲は最たるものの一つだと思います。この記事を作成している現在、デレステオリジナル楽曲は「情熱ファンファンファーレ」までCDでリリースされているので、もう近いうちにフル音源を何度も聴けるようになることを考えるととっても楽しみです。

 

「Sweet Witches' Night ~6人目はだぁれ~」

児童向けコーナーで可愛らしい表紙の絵本を取ったら中身が初版グリム童話集だったみたいなホラーチックな曲。オリジナルメンバーによる披露で、割とおっとりしている普段の雰囲気から一転、不穏な空気を醸し出していた照明や演出が印象的でした。

 

「Neo Beautiful Pain」

Cuっぽさのあったソロ曲「2nd SIDE」から一転、Co剥き出しのハイスピードダンスナンバー(一般では、UKハードコアと呼ばれているそうです)。曲間の松井さんの煽りとパフォーマンスには、胸を打たれました。

 

「マイ・スイート・ハネムーン」~「With Love」

曲の繋がりって本当に大事で、最も高まったのがこの2曲の流れ。だってSSAの中継観てると思ったら公開プロポーズからの挙式が始まったんですもの。

キッス!キッス!キッス!キッス!キッス!キッス!キッス! からの入籍!入籍!入籍!入籍!入籍!入籍!!!!! ノリで入籍してみたらええやん。


ヤバイTシャツ屋さん - 「ハッピーウェディング前ソング」Music Video

 

「Naked Romance(Selendipity Medleyより)」

本家小日向美穂ちゃんから、今回はまゆちゃんの歌唱。愛が重い。歌い手が変わるだけで曲のメッセージ性が変わることを思い知らされました。

 

「Never say never(Selendipity Medleyより)」

本家渋谷凛ちゃんから、今回は奈緒ちゃんの歌唱。凛ちゃんの歌が持ち前の歌唱力を活かしたものであれば、奈緒ちゃんの歌は人一倍の情熱だとか心で歌っているもので、メドレーの題通り「絆」を歌から感じ取りました。

 

「You're stars shine on me -For Miku Rearrange MIX-」

新田さんによる「ミツボシ」然り、アニメBD特典のアレンジ+別アイドル歌唱の楽曲の存在を当時知らず、画面に曲目が映し出されたときにメドレーの中で特に驚きました。

 

「Take me☆Take you」

この曲は個人的にデレマスシリーズの楽曲で5本の指に入るくらい大好きで、今回のツアーの集大成でもあるSSAでやってくれたことがとっても嬉しかったです。メンバーも、新規に声のついた森久保、三船さん、よしのん、佐藤さん含めた6人による、オリジナルに忠実な再現も感動しました。

 

「Nothing but You」

みくにゃん、有香ちゃん、輝子ちゃんの持ち曲としては珍しい、Co属性にありそうなトランス調の楽曲。ライブでは輝子ちゃんを除いたオリジナル4人での披露でした。楽曲に関して、ゲームサイズで自重してなかったギターがフルサイズでさらに暴れまわってて最高でした。AJURIKAさんほんと好き。

 

「生存本能ヴァルキュリア

4thからライブで披露されていましたが、オリジナル通り新田さんをセンターに据え、臨場感ある追加イントロによって今回の公演で完成にまた近づいた感がありました。あとはメンバーが5人揃えば...!と思わずにはいられませんでした。来年のライブにわずかながら期待をしています。

 

「EVERMORE」~「M@GIC☆」

お願い!シンデレラ」がMr.Childrenでいう「Innocent world」や「シーソーゲーム」のような初期の盛り上がる、名刺代わりの曲だとすれば、「EVERMORE」と「M@GIC☆」の2曲は「終わりなき旅」や「足音 ~Be strong」のような、その曲で今を塗り替えていく、ライブでやることで曲のメッセージ以上の意味ができる楽曲だと考えています。(例えが偏っててすみません)

 

デレマスは今まで通り、そしてこれからも仲間が増えていき新たなステージに進んでいく。その確かな意思を、僕は確かに受け取りました。

 

 

話は少し変わりますが、去る11月19日。舞浜アンフィシアターにてデレマス6周年イベントが行われ、そこで来年の11月、メットライフドームにて6thライブが行われるとの発表がありました。イベントの様子はAbemaで観ていたので、その時は都合さえ合えばLVででも行きたいと何となく思っていましたが、上映会を終えて、ライブの熱量を改めて受け取り、それまでちゃんと生きないとなぁと大げさながらそんなことを思いました。