【ライブレポ】デレマス5th幕張公演初日LVで軽率に2回泣くオタク

f:id:nt0424:20170709184238j:image

 

ついに先日、ちゃんみおの地元であり、僕の地元である千葉県でアイドルマスターシンデレラガールズのライブが幕張イベントホールで行われました。(え?ウサミンが何だって?)

 

僕も現地参加したかったのですが、運悪くチケットは用意されず、仕方なく現地から一番近い「シネプレックス幕張」という劇場でライブビューイングという形で参加いたしました。

 

5thライブツアーを観るのは石川公演LV以来で、その時のセットリストとキャストが個人的にドンピシャ過ぎて「地元でやってくれるのは嬉しいけど、あのライブは越せないでしょう〜」とタカを括っていました。

 

終演後、そう思っていた自分を関係者の目の前で焼き土下座させたい気分になりました。それくらい今までの公演に負けず劣らずの、最高のライブでした。

 

 

以下、曲目を交えて感想を書いていきたいと思います。

 

1.Shine!!!

ちひろさんの挨拶からキャスト総出によるパレードを模した登場後、アニメ2クールOPからスタート。場数を踏んできた曲だからこその、ステージと客席との一体感が気持ちよかったです。その後、MCを挟んでソロ、ユニット曲が続いていきました。

 

2.Radio Happy

先陣を切ったのは唯ちゃん。イントロの「ハロー?」という声が聞こえた瞬間の高まりは凄まじかったです。手拍子あり、シンガロングありのノリノリの曲調で、バックダンサーとの掛け合いも可愛らしくて見てて微笑ましかったです。

 

3.ステップ!

全曲の流れを止めることなく、次もアップテンポなちゃんみおソロへ。Bメロやサビの合間に入れるコールが楽しく、曲間ではプロデューサーに対して、ツアーのタイトルに

入っている「Serendipity」に因んだ台詞も入り、担当でなくともグッとくるものがありました。

 

4.スローライフ・ファンタジー

続いては杏ちゃんソロ。前二曲やソロ曲「あんずのうた」と打って変わって落ち着いたテンポで、より杏ちゃんの内面を掘り下げたような歌詞とそれに象徴されるようなパフォーマンスが印象的でした。また、MCにて中の人である五十嵐さんの衣装で左右それぞれに杏ちゃんときらりちゃんをイメージしたアクセサリーと、髪には三つ編みのアレンジがなされていました。(五十嵐さんはこれを「きらりの残骸」と呼び怒られたそうです。)

 

5.あいくるしい

紗枝はん、ゆかりちゃん、里奈ちゃんの3人による披露。この曲に里奈ちゃんが入るのは意外でしたが、ステージで見ると違和感なく、しっとりとライブの空間を包んでいくのを感じました。こういった後からじわじわと染みるバラードって中々無いので、聴くごとに愛おしい曲になっていきます。

 

6.NUDIE★

美嘉姉ソロ。正直、最初「ハイファイデイズ」で聴いたときは前ソロ曲が好きすぎて、心の中で一歩及ばず感があったのですがライブではダンサーを交えたカリスマ性あるパフォーマンスが素晴らしすぎてすっかり心変わりしてしまいました。先ほどの五十嵐さん然り、美嘉姉役の佳村さんもポニテ部分にピンクのヘアカラーが施されていました。

 

7.薄紅

前曲からMCを挟みつつ、紗枝はんソロ。衣装の上から薄い白い衣を羽織り、趣のある振付としっとりとした歌唱、メインのモニターからは桜が舞い散る演出とが相俟って、とても美しかったです。また、曲の一部でカメラが口元のアップを映すなど担当Pの心臓に大変悪いカメラワークがなされていました。

 

8.in fact

ありすちゃんソロ。以前のライブでも披露されていたようですが、今回は木製の椅子に腰かけながら歌う演出がありました。曲そのものがありすちゃんの心情をむき出しにしたような歌詞と悲壮感のある曲調であったものが、今回の演出で、誰に対して歌うでもないより独白めいたものになり、救いのない雰囲気すら漂わせていて、曲終了後にはそのパフォーマンスに対する拍手で溢れました。

 

9.この空の下

ありすちゃん、周子ちゃん、杏ちゃんの3人による披露。「in fact」の虚しさを拭うような救いに満ちた歌詞と、バックに移る夜の街と星が満ちた空が印象的でした。また、曲の最後に3人がようやく目を合わせるシーンで思わずうるっと来てしまいました。

 

10.AnemoneStar

前曲までの流れを組むような凛ちゃんソロ。「Absolute NIne」のようなアツい曲調で、サビ後イントロの弓で射るような振付がとってもかっこよかったです。また、凛ちゃんが今回の幕張公演で5th初参加ということもあって凛ちゃんPの熱気が凄まじかったです。

 

11.命燃やして恋せよ乙女

原曲メンバーより、安部菜々さん、三船さん、早苗さんの3人による披露。今回初披露でかつフルバージョンも初公開とありとても興奮しました。

2番サビ後の曲間にて、

安部菜々さん「永遠の17歳、乙女!」

早苗さん「ビールが大好き、乙女!」

三船さん「流されやすい、乙女!」

の流れは流石に噴き出してしまいました。乙女とは。

来月CDも発売されるので、早くリピートしたいです。

 

12.アタシポンコツアンドロイド

前曲からのMC後、当日のCuメンバーによる披露。「よっ!待ってました!!」と言わんばかりの客席の歓声がLV席からも聞こえました。曲調は可愛らしいのに、歌詞の視点や言い回しが面白いのが大好きで、ライブで聴けて良かったと思いました。

 

13.Nation Blue

Coメンバーによる披露。また、原曲メンバーは凛ちゃんだけでしたが、それに引けを取らないチームワークを感じました。前回5thライブを観たときは「オルゴールの小箱」だったので被りがなくて個人的に嬉しかったです。

 

14.SUN♡FLOWER

Paメンバーによる披露。「Orange Sapphire」じゃないんだな、これが(某栃木のヤンキー画像風)

初披露ながら、客席のコールもかなり揃っててとても盛り上がりました。法則性があるのかもしれませんが、今後の福岡公演と埼玉公演ではどうなるのか見物です。

 

15.BEYOND THE STARLIGHT

キャスト全員による披露。ピアノメインのイントロが追加され、ライブならではの演出でワクワクしました。本編の中でもこの曲で中盤も終了となり、次曲から後半戦に入り、怒涛のアップテンポゾーンとなります。

 

16.Snow Wings

原曲の凛ちゃん、ちゃんみお、唯ちゃんと千枝ちゃん、美嘉姉、里奈ちゃんを加えた6人による披露。もうすっかり夏になったので冬の曲をやるのはちょっと意外でした。曲間で待ち合わせをしていたところに皆が来て嬉しくてはしゃぐシーンがあり、見ててほっこりとしました。

 

17.Can't Stop!!

早苗さんソロ...ですがバックダンサーとして紗枝はん、唯ちゃんをサイドに据えての披露。2017年の今にユーロビート調の曲にジュリ扇を振り回すのはなかなか時代錯誤感があって面白かったです。和氣さんの技量もあるのですが、本当にライブ映えする曲で、

デレステやCDで聴くよりも楽しかったです。

 

18.メルヘン∞メタモルフォーゼ!

安部菜々さんソロ。歌詞中に出てくる怪人が実際にメインの縦長スクリーンに出てきて(怪人がどれもモリゾーを闇堕ちさせたようなルックスでした)、客席の声援、特に大サビではミンミンミン!とお馴染みのコールで応援して退治するなど会場が一体となる演出がとっても楽しかったです。(なぜかN〇Kのおか〇さんといっしょを思い出したのは心の内にありました)

 

19.With Love

ライブ初披露。原曲のユッキとゆかりちゃんに加え凛ちゃん、周子ちゃん、早苗さんを加えての披露。衣装(アクロス~)に加え全員の頭に白いヴェールがかけられ、スクリーンにも教会が映し出され、さながら結婚式の様相を呈していました。推しには幸せになってもらいたいなとつくづく思います。(いきなり何言ってるんだろう)

 

20.Take me☆Take you

原曲より安部菜々さん、ちゃんみお、三船さんの3人による披露。正直に言います。ここで号泣しました。きっと当日ご覧になられた方ならご理解いただけるでしょう。曲中、Cメロ(信じて歩んできた~)の部分で、三船さんのパートで中の人である原田さんが涙ぐみ、声を詰まらす一幕がありました。何とか持ち直したのですが、観ていたこちらとしてはその部分の歌詞と重なり、とても心に来るものがありました。

 

(参考)

Take me☆Take you - THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS!! - 歌詞 : 歌ネット

 

21.Tulip

周子ちゃんと美嘉姉に加え、ユッキ、紗枝はん、千枝ちゃんを加えての披露。

 

あーっ!!紗枝はん!!
困ります!!あーっ!!!
紗枝はん!!困ります!!あーっ!!!千枝ちゃん!!
あーっ!!!!困ります!ユッキ!!困ります!!あーっ!!!あーっ千枝ちゃん!!

 

イントロのベースが聴こえた時点で卒倒しそうになり、左右を見ると「あっ...あっ....」と呆気にとられているPがいたのを覚えています。ファイナルのSSAまでお預けかなと思っていたところに来られたので衝撃は計り知れないものでした。紗枝はんは"雅"とかそんなレベルでの表現では済まされない類のものだったし、千枝ちゃんはあきらかに違法でした。メンバーの中でも、特にユッキ役の杜野さんが群を抜いてノリノリでした。とにかくこの曲が好きなんだろうなというのが見ているだけで感じました。

 

22.夢色ハーモニー

本編最終曲。メンバー全員での披露。1期ED曲「夕焼けプレゼント」さながら、優しい歌詞と心に浸透するメロディーが、ライブの終わりをそれとなく告げているようにも感じました。

 

23.EVERMORE

アンコールの声と手拍子の中ステージが暗転しイントロが流れ出しました。

歌い出し前、ゆかりちゃんの中の人である藤田さんから「初めてのステージ、観ていてください」(朧げですみません...)という一言があり、不覚にもまた号泣してしまいました。もうね、泣きながらUOを振り回しましたよ。

元は4thライブで披露された曲でしたが、ライブに初めて出演するアイドルも多々いる今回のツアーにもぴったり当てはまっていて、これからどんどん人気も上がっていくであろう気持ちも含め今後も歌い継がれていってほしいと切に願っています。

 

アンコールでは当日のキャストから全員挨拶がありました。コール&レスポンスする人や当日のありのままの気持ちを話す人、本当に様々で、違いこそあれど各人がそれぞれの想いを抱えて当日に臨んだんだなと感じました。

 

24.お願い!シンデレラ

ラストはやはりこの曲。曲そのものは変わらないけれど、メンバーは会場ごとに変わるので、どんな風に歌って笑顔を振りまいてくれるのかが楽しみです。ちなみに今回は曲中に「Radio Happy」の振付(時計回りに動くEX〇LEのアレ)をやっているくらいにはフリーダムでした。

 

その後、キャストがステージから掃け、例によってちひろさんから最後に挨拶があり、無事ライブが終了しました。

 

人生2回目のデレマスライブでしたが、やはり自分が住んでいる地域でやってくれたことは感慨深くて、普段なかなか会う機会のないプロデューサーの方々を実際に見ることができ、ネットの中でしか認識できなかった人気を現実で体感できたのが今回の収穫でした。

 

取りあえず、次の福岡公演もLVでできれば参加したいと思います。もちろんツアーファイナルも現状別の予定が入っているところですが、何とかして都合を付けられればと考えてます。

 

以上、乱暴ながらレポートを書かせていただきました! それでは。