人生で初めて好きになったロックバンドにやっと会えた。

f:id:nt0424:20170918133430j:image

BUMP OF CHICKEN。僕の20数年の人生の中で、初めて好きになった、音楽のルーツとなったロックバンド。

 

6,7歳ぐらいの頃、インターネットで流行していたおもしろフラッシュで彼らのことを知った。その時初めて聴いた「ラフ・メイカー」と「天体観測」の二曲に衝撃を受けてから、およそ15年間、CDを聴き続けるファンとしてずっと追い続けてきた。

 

いつも人生の辛い瞬間にはBUMPの音楽の支えがあった。葛藤を抱いてた頃には「才悩人応援歌」があって、色んな不条理に落ち込んだときには「HAPPY」があって、最も暗く淀んだ気持ちのときには「プレゼント」があって、といったように様々な曲に救われてきた。

 

そして今回やっと、"TOUR 2017-2018 PATHFINDER"幕張公演を以って、彼らのライブに行くことができた。当日幕張メッセに到着したとき、不思議な冷静さとやっと会えるという興奮、その他諸々の感情が綯交ぜになってかつてないほど気分が高ぶった。

 

物販に並びグッズを買い、会場の周りの雰囲気を十分に堪能してから、メッセの1~3ホールへ向かった。外はあいにくの雨模様ではあったけれど、そんなの気にならないくらい、その時の自分は興奮していた。ホールへの通路を通り、指定されたスタンディングブロックへ移動し、しばらくしてからアナウンスが入り、数分後会場が暗転、ステージが始まりました。

 

ネタバレになるので曲目は伏せますが、ライブのオープニングにピッタリの、開放的な楽曲から幕を開け、矢継ぎ早にライブのキラーチューンやファンの人気曲、隠れた名曲などが連発。中にはライブ映像ですら観たことのない曲も披露されて、初めてのライブがあの日でよかったと、心から思いました。

 

MCではベース担当のCHAMA(直井さん)がメインで活躍。増川さんや藤くん、升さんへのパスも印象的で、適度な距離感とそれぞれの人となりをそこはかとなく感じて、「あぁ、この人たちも人間なんだな」と安心感を覚えました。

 

アンコールでは、定番のあの曲も演奏され、一緒に腕を上げ、シンガロングしました。何度となく観てきたライブ映像で焼き付いたあの場面を、自分も一緒に今いるんだと思うと、心からこみ上げてくるものもあって、改めてBUMPの音楽が好きなんだと思い知られました。

 

終演後、一つ心の底から思った。もう一度BUMPのライブに行きたいと。幸い、再追加公演としてまた何公演か会場が増えたという知らせもあった。この後しばらく、個人的な予定や先に入れたライブ等もあるため、行けるとしたら来年2月のさいたまスーパーアリーナ公演になるだろうと考えた。

 

演奏も、セットリストも、演出も、どれも素敵でいつまでも続いていたい尊い空間がそこにはあった。けれど、要領の悪い自分にはそのすべてを100%受け止められなかった。だから、もう一度あの空間に立ち入って、自分なりに咀嚼して、ちゃんと受け止めたい。

 

もう一度、運良くチケットを取れることを願って、それまでは、時にBUMPの音楽を頼りながら日々を過ごしたいと思います。

「消去したアカウントのツイート履歴」から思い返すこと

かれこれ10カ月ほど前まで、Twitterを趣味やイラストの発信のためにやっていた。

 

今はアカウントごと消去し、情報収集のためのアカウントを作り直して現在に至る。やめた理由は色々ではあるけれど、一番の理由は「自分から発信するペースが遅くなってしまった」ことだった。

 

学生の頃は日に10ツイートくらいはしていたし、暇さえあれば落書きをしてアップしていた。けれど勤め人になってからは一変、朝からTLのチェックはするけれど、リプライはこっちからまず飛ばさないし、絵のペースもガクッと下がるようになって、強いて呟くことといえば「誰それの本やCDを買った、イベントに行った」くらいのものしか無くなっていった。

 

そんな無味乾燥なことばかり呟くうちに、Twitterを更新していく意義が無くなっていき、昨年の秋に一つ決心して削除したのです。

 

それから月日は流れ、ある日、自宅のパソコンのHDDを整理していると、念のため保存していたtwitterの過去ログが出てきました。「うわ...めちゃくちゃこわい...パンドラの箱かよぉ...」と死ぬほど怖気づきながらそのHTMLファイルを開いてみたところ、

 

「電車の中で○○聞いてる」、「これから仕事です 手当が出るとはいえつらい」、「モバイルバッテリー用に電池を買ったけど、ちゃんと動いてくれるか心配」、「寝ますね」...

 

...知るか! 1mmも興味ないわ!! かまってちゃんか!!!

 

自分が呟いたこととはいえ、こんなことを思って文字に起こしてたなんて、こっ恥ずかしくて危うく自暴自棄になってしまいそうでした...。

 

そんなこんなでベッドの上でジタバタしていると、ふとこんな思いが浮かびました。「そういえば、このときは腹を割って話せる人が周りにいなかったな」と。

 

これは持論なのですが、SNSにハマる人って、多少なりとも現状に納得していない人か、寂しがり屋なんじゃないかなと思うのです。そんな人がSNSに居場所を見出して、他人とたくさん交流していく。

 

自分がSNSから離れていったのは、自分の時間を以前よりも取れなくなったことに加えて、もう居場所をSNSに置かなくてもこれから大丈夫だと、一つ踏ん切りが付いたからだと考えています。

 

だから、今のところTwitterでアカウントを作る必要性が今はないし、公式アカウントのチェックや気になる情報を収集する、受け身の体制で現状事足りています。そりゃ、まだ知らない人との交流も魅力的だけど、今はただ限られた時間で趣味に没頭していたいのです。

 

うまくまとめられてはないけれど、Twitterに対する今の考えはこんな所です。別にSNSにハマっている人を貶すでもないけれど、それがなくても大丈夫な人がいることを文章にしたかった、それだけの記事でした。それでは。

「5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」によせて

エスセレンディピティ!! セレンディピティ、イエス!!!

 

ごめんなさい。これが書きたかっただけです。

 

気が付けばもうすぐ一週間、記事を書くにも時間を割けず申し訳なく思いながら、今回のツアーについて書き起こしたいと思います。

 

思えば、最初ライブツアーの告知を見たときは「おー、全国回るんだ」くらいの感想で、ライブを観に行こうだなんてこれっぽっちも考えてなかったのです。

 

しかし情報初解禁時から時間は巡り、ツアー初日宮城公演1日目の夜、ネットサーフィンしている時に偶然セットリストを目にして愕然としたのです。

 

「えっ...∀NSWERとあんきらフルバージョンでやったの...?」と。

 

偏見として、アニメやゲーム初のライブで行う曲は予めフル音源が流通されていて、そこに客がノる(コール等をする)というものが常識だと思っていたのでかなり驚きました。

 

そんな衝撃を受けてからの行動は早かったです。ネットで席の残っている劇場の予約を取り、翌々週の石川公演のLVに行きました。その日のライブがアイマスシリーズでのライブの初参加でしたが、李衣菜ちゃんやなつきち、かな子ちゃんを始めとした個人的に大好きなアイドルと「Jet to the Future」や「Nocturne」等の私得でしかないセットリストで大満足、感動すらしました。

 

この後も「たくさん行きたい!」とは思うものの、中々都合を付けることも難しかったのですが、地元である幕張公演初日LVとSSA公演両日LVに辛うじて参加することは出来ました。

 

特に、SSA公演は両日合わせ、60人以上ものキャストが登場し、セットリストもツアーの集大成ともいえる内容でした。中盤のDJぴにゃのノンストップメドレーには思わず腰を抜かし、ユニット曲もほぼ原曲のメンバーを再現したものも多かったのが印象的でした。特に「Tulip」と「情熱 ファンファンファーレ」、「Treasure☆」のパフォーマンスはこみ上げるものもあり、こればかりは現地で観てみたかったと悔みました。

 

半年前の自分はきっと「確かにμ'sとかAqoursのライブは最高だから分かるけど、流石にデレマスまでは…」など腰を重くしてたでしょう。

 

もしその時の自分に会えるなら、「とっとと『ラブレター』と『Jet to the Future』と『あんきら』のCD買って、チケット代ぶちこめ!!!」と声を荒げながら蹴り飛ばしたい気持ちで今は一杯です。

 

そしてSSA公演2日目に発表された、来年のドーム公演。ネットでは関東圏で過去に開催したこともあるメットライフドーム(旧:西武ドーム)が有力らしいのですが、何としてでもこのライブには是非とも現地で参加したいです。

 

このツアーを通して変わったものは、よりデレマスというコンテンツが大好きになれたことです。今までどんなライブに行っても、好きなものはその熱意のまま、好きの再確認のようなものだったけれど、これに限っては違う、まだまだ作品としての深みがあるんだなと思い知らされました。

 

 

この記事を書いてる8月18日23時、先ほどYoutubeにこちらの動画がアップロードされていました。


『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story』PV第4弾

 

2016年に行われた4thLIVE、そのSSA公演最終日のPV動画で、アニメを基に作られた様々な演出に感動しました。このライブを今後生で観ることはもちろんできません。ましてや今年のツアーの公演一つ一つも、100%再現したものを再演なんてやらないでしょう。まだきっと遅くないはず。これからもしっかりと追い続けたい、大切なアイドルが増えました。本気で追いかける人には遠く及ばないかもしれないけれど、自分なりに、アイドルたちの物語と音楽を愛でていきたい。

 

全体的に支離滅裂な感じになってしまいましたが、自分の思う事をほぼ全て書き切りました。それでは21日のダークイルミネイトのイベントのため張り切ってきます。

【ライブレポ】みくにゃんP(星野源)の横アリライブに李衣菜Pが行ってきた話(ネタバレ要素ほぼ無し)

f:id:nt0424:20170806152000j:image

 

ライブ二連チャンというのは身体的にクるものがあることを今朝10時に起きたことで身をもって知りました(体中痛い)。

 

先日のAqoursに引き続き、今日8/6は星野源さんのライブに行ってきました!

 

新春ライブの「YELLOW PACIFIC」には都合で行けず、家で「YELLOW VOYAGE」の映像を見ていると、何としてでも行きたいという衝動に駆られ、何とか立見席のチケットを入手できた次第です。

 

特別、ご本人から箝口令は敷かれてないのですがまだツアーも4公演残っているため、ここでは詳細を書くことは止め、全体的な感想を書かせていただきます。

 

オープニングにはとある演出が施されているのですが、源さんの趣味全開といった風でこの構想を練ってた頃めちゃくちゃ楽しかったろうなぁと微笑ましかったです。

 

セットリストは、今までの活動の中で出来た楽曲を新旧問わず披露され、「Continues」というツアータイトルに因んだ選曲がなされていました。一部の曲には原曲にはないアレンジも要所要所に盛り込まれていてライブの醍醐味を感じました。

 

多分これから初めて行かれる方の中には「1曲目は何だろうな?」と思う事でしょうが、きっと1曲目に演奏する曲の予想は9割方外すと思います。 それくらい想定外かつ、納得の行く選曲になっています。

 

個人的な話ですが、今回当てた席は立見席(アリーナ2Fの出入り口の周り一帯)ということで、「早めに行った方がいいかな」と思いきや、立見席の手すり部分に、大まかながら番号が振られ、スペースがそれぞれ確保されていたので安心しました。

 

また、終盤ある曲中にテープキャノンが発射されるのですが、それではこちらまで届かず断念していたところ、スタッフの方が届かないエリアの席にテープを配るという配慮がなされていて感動しました。

 

MCは穏やかな話口調でかつ、弾ける所は弾ける、前のライブとの間に誕生日を迎えたバンド、ダンサーの方をさり気なく祝う、そんな人柄の暖かさも感じ、心身共に躍り、優しい気持ちになれたライブでした。

 

ライブの最後に、源さんから「また近いうちにツアーをしたい。横アリにもまた来たい(意訳)。」とお話しされていたので、またその時が来るまで、ゆったりと源さんの音楽を楽しみたいと思いました。

 

やばい、デレマス全然関係なくなった...。

【ライブレポ】ネタバレ要素ほぼ無し Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR 名古屋公演初日

f:id:nt0424:20170805224418j:image

 

ついに始まりましたね! Aqours初のライブツアー!

 

遡ること2月末、ファーストライブの終盤で発表された、「名古屋、神戸、埼玉の3か所を巡る全国ツアー」の情報を生で観たとき心の底から嬉しかったです。ついにファンミだけでなく、ワンマンライブの形で全国に伝わっていくんだなと。

 

僕は専ら関東圏のライブしか色んな都合上行くことが出来ないので、各開催地からのLVは本当に助かりました。

 

そんなこんなで、本日行われた名古屋公演初日をLVで観に行きました。

 

感想を事細かに書きたいとは思うのですが、如何せん今後の公演のセットリストが確定的ではなくネタバレになりかねないため、とりあえず自重して全体的な感想をふわっと書きます。

 

まずオープニングが素晴らしかったです。今までのライブもオープニングから1曲目の流れは心踊らされましたけれども、今回ほどダイナミックでワクワクする始まり方はないのではと思いました。

 

セットリストはファーストライブからガラッと雰囲気が変わったように思えます。今日までにリリースされた楽曲の中には、"明るくひたすら突っ走っていく"イメージのAqoursとはちょっと違った楽曲も多く、それらが盛り込まれているからこそ違った角度からの発見がありました。

 

あとこれはほんとに主観的な話なんですが、キャストの方々が活き活きとしててこっちまで観てて元気になりました。というか皆さん、グループデビュー時からかなり可愛く(はたまた綺麗に)なられてて、スクールアイドルすげえと改めて感じました。

 

他にも、過去に類を見ないほど腹筋に悪いドラマパートとあるスペシャルゲストの登場等々ライブならではの素敵な演出があった最高の約3時間半でした。

 

自分は埼玉2日目に幸い現地のチケットを確保できているので、今日のライブを踏まえつつ、ツアーファイナルの日を楽しみに待っています。

 

最後に一つ。ちょっとした愚痴を一言。

 

生で聞くイエッタイガーはほんとキツかったです。

 

ただ、間違いなくライブは最高以外の何者でもなく、楽しくて心弾む空間がそこにありました。